はじめに

花のち晴れ』で主人公・江戸川音役をするとして話題に上がっている杉咲花さん。

今回はその意外な天然ぶりを中心に紹介していきます。

 

活躍の幅広さ

『杉咲花』と云う名前を聞いてピンとこない方もいるかも知れません。

しかし少なくとも1度は見たことあるという人がほとんどだと思います。

今回は杉咲さんの有名なシーンを一挙にご紹介。

 

CM

まずCMといったら、やはりその構成に定評がある『ソフトバンク』。

実はこのCMにも杉咲さんは出演しています。

そうです、新しい娘役の人です。

おそらく知らなかった人も「あー、あの人ね」となったのではないでしょうか。

また、『Cook Do』のCMも同じぐらい有名です

こちらに関しても少なくとも一回は見たことある方がほとんどでしょう。

ぐっさんとの親子役はもはや定番と言っても過言ではありません。

他にも『au』や『東京新聞』など数多くのCMにも出演しています。

 

ドラマ・映画

ドラマも数多く出演されています。

特に有名な作品言えば、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の小橋美子役で出演しています。

このドラマの出演でご年配の方々にも名が知れ渡ったのではないでしょうか。

他にも『リバース』『学校のカイダン』などでも活躍しています。

 

声優

これは意外だったのですが、なんと声優もやられているようです。

しかも脇役やゲストでは無く、なんと主演です。

それがかの有名な作品『メアリと魔女の花』。

2017年に公開され大ヒットしましたよね。

僕もこの作品は見たのですが、まさか杉咲さんがやっているとは全く知りませんでした。

普段はあんな天然なのに、声優としてもあれだけの演技力があるとは驚きです。

父親と家族関係

才能あふれる杉咲花さんですが、実はご両親も芸能人でミュージシャンをやっています。

 

父親について

お父さんの名前は『木暮武彦』さんといい、『レベッカ』というバンドの初代リーダーをやっていました。

2枚目のアルバムを発表後に引退し、その後『RED WARRIORS』という名のバンドで再デビューを果たしています。

特に『レベッカ』は有名で、4枚目のオリジナルアルバム『REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~』は、当時のロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーとなりました。

現在の40代後半の年齢であれば知っている方は多いのではないでしょうか。

ただ、このブレイクを果たしたときには木暮さんは既に脱退していたようです。

 

母親について

お母さんの名前は『チエ・カジウラ』といいます。

有名TVアニメ『マクロス7』の劇中に登場するロックバンド『Fire Bomber』のボーカルを担当していたことでも有名です。

また1995年にはシングル『・・・だけどベイビー!!』がオリコン初登場15位を記録するなどのヒットを果たしています。

その後一時期活動を休止しており、復帰後はライブハウスを中心に活動しているようです。

 

現在の家族関係

杉咲花さんのご両親は1996年に結婚しましたが、2000年には離婚をしています。

杉咲さんが生まれたのが1997年なので3歳のときに離婚したことになります。

父親である木暮武彦さんは一般女性と再婚しており、息子さんがひとりいるようです。

つまり杉咲さんには異母姉弟がいることになります。

現在杉咲さんと木暮さんに付き合いがあるかは調べてみましたがわかりませんでした。

ギクシャクすることない関係であるといいですね。

 

半端ない天然

実は杉咲さんとても天然なようです。

『めざましテレビ』のインタビューで、杉咲に対する世間の印象を聞くコーナーがあったのですが、そのときに「絵が下手そう」という意見がありました。

それに対し「私、絵が好きです。似顔絵をよく書きます」と自信満々と発言

それを証明するためにインタビュアーの似顔絵を書いたのですが、その結果がこの動画です。

どっからどう見てもうまいと言えません

本人は「失敗した」といってますが、そもそも絵が上手い人はあんな失敗しないですよね笑。

 

しゃべくり007』に出演した際には

・小さな声でボソボソと話していたかと思ったらトークの合間に突然爆笑しだす

・しゃべくりメンバーとラジオ番組のシミュレーションを行ったが、「結婚したいけどできない」というゲストの悩みに対し「応援しますので頑張って下さい」と受け流す

などその天然ぶりを発揮しました。

あれだけ迫真な演技をする人が天然とは意外ですね。

 

江戸川音ってどんな役?

『花のち晴れ』の主人公です。

同時にヒロインでもあります。

元々はお嬢様だったのですが、父親の会社が業績不振で事実上倒産。

現在は貧乏な暮らしを強いられています。

しかし様々な理由から英徳学園に卒業するまで在籍していなければならず、民であることを周囲には隠している、という設定です。

 


さいごに

演技力がずば抜けているというイメージが強かったですが、調べれば調べるほどお茶目な意外な一面が見れてとても面白かったです。

個人的にはもっと色々なバラエティーに出演してその天然っぷりを見せていってほしいと思います。