はじめに

『怪物くん』『龍馬伝』などの様々なドラマに子役として出演し、大活躍をしていた濱田龍臣さんですが、この度『花のち晴れ』に平海斗役で出演するとのことで話題になっています。

かつての出演作品や急成長ぶりなどを調べてみました。

 

子役時代からの急成長

濱田さんはかつて『怪物くん』での市川ひろし役、大河ドラマ『龍馬伝』での幼少期の坂本龍馬役などを演じ、子役として大注目を集めていました。

僕はこの頃の濱田さんが一番記憶に残っており、『子役』としてのイメージが正直余り抜けていませんでした。

そんな折での今回の『花のち晴れ』での出演で、あまりの急成長ぶりに驚きですね。

加藤清史郎さんの成長ぶりと同じものを感じます。

しかし2000年生まれの17歳ということで、まだ垢抜けていない、少年と青年の間の雰囲気を醸し出してますね。

今後どのような成長ぶりを見せてくれるか楽しみです。

 

大のウルトラマン好き

濱田さんは『超』がつくほどのウルトラマンファンとして知られています。

幼稚園児の時の夢は「ウルトラマンになること」であり、ウルトラマンシリーズをリアルタイムで見ていたそうです。

あまりに好きな余り、ウルトラマンへの愛を語りだすと止まらず大変なようですね

ウルトラマン好きが高じて、9歳のときには『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』でサブキャラクターのナオ役として出演を果たしました。

そしてなんと、2017年の16歳のときにはTVシリーズ『ウルトラマンジード』で、ウルトラマンジードに変身する朝倉リク役、つまりは主役を果たすことができました。

これはウルトラマンシリーズで史上最年少での主演です。

濱田さんは

「10歳で『劇場版 ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(10)に出演させてもらった時に大喜びして、これなら20歳にはウルトラマンになれるねって家族と話してたんです」と振り返る。「そうしたら20歳になる前にこのお話をいただいて『え!?』って(笑)。正直なところ、驚きが一番大きかったですね。」

と当時の喜びを語っています。

 

平海斗の人物像

濱田さん演じる平海斗は英徳学園高等部の男子生徒で、コレクト5のメンバーのうちの1人です。

英徳学園歴代トップのIQの持ち主であり、コレクト5の頭脳の役割を果たしています。

実際の役としての写真を見てみると、まさに頭脳担当といった感じですね。

実家は日本随一の政治一家あり、リーダーである神楽木晴の一番の理解者です。

愛用のタブレットには学園全生徒のデータが入っており、庶民狩りの対象をここから選別しているようです。

 

さいごに

以前まで子役のイメージが抜けていない濱田さんでしたが、『ウルトラマンシリーズ』や『モブサイコ100』など成長した現在でも数多くの作品に出演されているようです。

他にも様々なドラマや映画にも出演されているようなので、今後の活躍にも期待できます。

花のち晴れ』ではどのような活躍を見せてくれるか楽しみです。